葉酸とビタミンB12は、妊活中の女性にとってほいてほしい栄養素

ビタミンB12

葉酸とビタミンB12は一緒に摂ることで効果を発揮します。

赤ちゃんの脳を作る葉酸は、妊娠中に絶対に必要になる栄養素

なので妊娠する前の「子供がほしい」と思った段階で積極的に摂取し始めることをおすすめします。

赤ちゃんの脳は、実は妊娠6週目には神経がほとんど出来上がっています。
つまり、知らぬうちに赤ちゃんの脳の基礎が出来上がっているということ。
そしてこの神経ができるという重要な時に葉酸が不足すると脳の発達に影響を及ぼします。

妊娠初期の頃の葉酸摂取状態により、子供の脳の神経が決まってしまうとなれば、やはり妊娠する前から葉酸を補給して、不足しないようにしてほしい所です。

厚生労働省からも、妊娠可能な女性全てに対して、葉酸の摂取を進めるように医師に通達があるほど。特に、妊娠に望む女性には1日に400μgの葉酸の摂取を勧めています。ただし、1mgの摂取は過剰摂取になるので調整が必要です。
母親になる自覚が芽生える栄養素です。

食材よりも葉酸サプリから摂取が気軽で吸収率も高いので活用してください。

そしてその葉酸を働かせるビタミンB12ですので、一緒に摂ってほしいコンビです。
おすすめ食材のひとつは鶏レバーです。

ひとくちで葉酸400μgを摂取できるうえ、ビタミンB12も豊富です。さらに妊娠に必要な鉄分も多量に含まれるので一石二鳥となるのです。
葉酸は他にも納豆やアスパラガスなどのも多く含まれています。

毎日の食事に取り入れていくようにしましょう。

ビタミンB12は男性の精子の質を上げ、状態を改善する効果が期待されているため、夫婦で一緒にビタミンB12群を摂るようにしてください。

しかしビタミンB12・葉酸を食事から取るのはなかなか難しいのが現状です。
しっかりサプリメントから撮りましょう。

葉酸サプリ参考サイトはこちら→葉酸サプリおすすめLAB |ベビ待ちでおすすめの葉酸サプリは?

妊娠中に注意が必要な食品

健康のためには、栄養をきちんと摂ってほしいのですが、食材によっては気をつけなくてはいけない場合もあります。

普段食べてよくても妊娠初期に食べない方がいいものは妊活中から控えた方が良いでしょう。
食べてしまったら毒だというわけではありませんが、ものによっては赤ちゃんに悪い影響を与えてしまうこともあるものです。

ビタミンA過剰にかかる食材

妊娠初期にビタミンAを過剰摂取すると、奇形発生率が高かくなるという報告があることから、厚生労働省より注意喚起がされています。

鉄分含有量の王様、レバーは妊活食材なのですが、ビタミンAの過剰摂取には注意が必要なので、1週間に1回くらいまでが目安になっています。
ビタミンAは摂る必要もありながら、摂取量に気をつけなくてはいけい難しい栄養素です。
ちなみに妊娠初期以外は、特に制限はありません。

リステリア食中毒にかかる食材

妊娠が感染しやすく、感染すると流産や早産をしやすくなると報告があるため、厚生労働省より注意喚起がされています。

加熱殺菌してないといけないナチュラルチーズ、肉、魚のバテ、生ハム,スモークサーモンなど妊活ちゅうは避けた方が良さそうです。

食物連鎖の結果、水銀を多く含む大型魚

水銀が対峙に影響することが懸念されるため、同じ厚生労働相から注意喚起がなされています。
金目鯛、インドマグロ、キダイ、マカジキ、黒ムツ、メカジキ、一般的ではりませんがクジラ・イルカなど。
これらは1週間に1回程度に控えましょうとされています。

葉酸・ビタミンB12配合でおすすめのサリはベルタ葉酸サプリ

参考サイトはこちら→ベルタ葉酸 口コミの詳細はこちら

葉酸サプリの最新記事

妊娠中 鉄分

妊娠中・鉄分の関係性

妊娠中に葉酸・鉄分どっちをとった方がいいのでしょうか?葉酸とそもそも鉄分を一緒に摂取するとどうなるのでしょうか?葉酸と鉄分の関係性について詳しくご説明致します。

妊娠中 たんぱく質

妊娠中・たんぱく質の関係性

妊娠中の方に摂ってほしいたんぱく質とは?たんぱく質を妊娠中に摂取しないとどうなる?たんぱく質と葉酸サプリについて詳しくご説明していきたいと思います。

ページの先頭へ